ご予約はこちら 
席札の基本構造

席札ってなに?

席札は「誰がここに座るか」を示すカードです。
着席のパーティでは必須アイテムです。テーブルの上に見えるように置きます。(基本的にはショープレートの上です)
ゲストのお名前が入っています。座席と同じ数の席札が必要です。
はがきサイズの厚紙を2つ折りにして立てるものや、名刺サイズくらいのカード(寝かせて置く)が一般的です。
メニュー表と一体型のもの、ユニフォームなどのカタチに切り抜いたもの(ダイカット加工)もよく見られます。
手書きのメッセージを入れることも多いのですが、お式直前にメッセージを書くのはなかなか大変です。
時間配分などもよく考えて計画してください。

席札の作例一覧

席札の決まりごと

ゲストのお名前を大きく表記すること。
これ以外に特に決まりはありません。
ゲストが会場に入って、席次表を見ながらご自分の席を探すのに使うものなので
英語(ローマ字)表記よりは、ぱっと見てわかる漢字表記のほうがお勧めです。
※ゲストの年齢層や人数によっては、英語表記でも問題ないこともあると思います。プランナーさんにもご相談ください。