ご予約はこちら 
席次表の注意事項

席次表の書き方

席次表は「誰がどこに座るか」を示した一覧表です。
一般的にはゲストのお名前と肩書きを記載します。
design DKでは、おふたりからの紹介コメントを入れたりとアレンジも自由です。
基本的な決まりは守りつつ、おふたりらしい席次表をお作りします。
ただし、地方や会場によって法則がかなり異なりますのでご注意ください。
design DKではレイアウト完成後、会場のご担当者さまにもご転送いただき、OKをいただいてからの印刷となります。

席次表の決まりごと(全体の構成)

用紙の最上部の中央に「高砂」(メインテーブル)、左端に「ご両家名+結婚披露宴御席次」、右端に当日の日付と会場名を入れるのが一般的です。
また最下部(だいたい右端)に注意書きとして
「お名前 肩書き等に間違いなどございましたら 祝事に免じてご容赦くださいますよう お願い申し上げます」
と一文を入れます。

会場が縦長か、横長かによって用紙の向きを変更して調整はしますが、基本的には実際の会場に忠実には制作せず、
一覧表として見やすいように簡略化してお作りします。
ゲストテーブルは丸型か長方形、実際には各テーブルの大きさが違ったとしても、席次表ではすべて同じ大きさで表現します。

席次表の決まりごと(ゲストの配席)

高砂に近く、また中央に近い方が上座です。
主賓が上座、ご両親さまは下座という配置が一般的ですが、地方によってはご両親さまが上座になることもあります。
なおテーブルの中でも上座と下座が決まっています。基本的には全体と同じく、高砂に近い席が上座、遠い席が下座です。
特に上司の方など、目上の方の上座・下座にはご注意ください。
ご両親は末席(お母さまが一番の末席、お父さまがその次)とするのが一般的です。
地方、会場によっても法則が異なりますので、会場のご担当者さまにも必ずご相談ください。

席次表の決まりごと(お名前、肩書き)

一般的にはゲストのお名前と肩書きを記載します。
肩書きはおふたりからみた関係性のこと。ただし、一般的には課長職相当程度以上の役職についている方は、会社名(団体名)と役職を正確に記載します。
会社名を省略したり、「(株)」「(有)」などの省略文字も使いません。
ご勤務先関係で役職についていない方は「上司」「先輩」「同期」「同僚」など。「後輩」は「同僚」とすることが多いようです。
その他のご友人関係はシンプルに「新郎友人」「新婦友人」「新郎新婦友人」とするか、
「新郎大学友人」「新婦バイト先先輩」など詳しい関係性を入れることもあります。
ご親族は「父」「母」など。
特に

伯父・伯母/叔父・叔母
従兄・従姉/従弟・従妹
従甥・従姪

あたりはご注意ください。
下記の表にまとめましたのでご参考になさってください。

そして一番大事なことは、お名前の漢字を間違えないこと!!
過去にはなんと、ご自分のお父様の漢字を間違えた…なんてこともありましたので、とにかく何度も何度も、おふたりでチェックしてください。
プランナーさんやご両親など、複数人のチェックを入れることをお勧めします。

呼び名 新郎・新婦との関係
祖父 両親の父
祖母 両親の母
義兄 姉の配偶者
義姉 兄の配偶者
義弟 妹の配偶者
義妹 弟の配偶者
伯父 両親の兄
伯母 両親の姉
叔父 両親の弟
叔母 両親の妹
従兄 自分より年上のおじ・おばの息子
従姉の配偶者
従姉 自分より年上のおじ・おばの娘
従兄の配偶者
従弟 自分より年下のおじ・おばの息子
従妹の配偶者
従妹 自分より年下のおじ・おばの娘
従弟の配偶者
兄弟姉妹の息子
兄弟姉妹の娘
従甥 いとこの息子
従姪 いとこの娘


席次表の決まりごと(敬称)

基本的にはすべてのゲストに敬称をつけます。
通常は「様」、ご職業や関係によっては「先生」もありますね。
小学生以下のお子様は「くん」「ちゃん」の敬称をつけます。
「身内」であるご両親、未婚のご兄弟・ご姉妹、同居のお祖父様・お祖母様は敬称なしとします。おふたりご自身も敬称なしです。
ご結婚されているご兄弟・ご姉妹やその配偶者の方については、すでに独立なさっているということで敬称をつけるのが最近の流れです。
ただし、敬称をどなたにつけるかという法則は会場、地方によって異なります。
一度ご担当者さまにもご確認ください。

席次表の決まりごと(テーブルナンバー)

「誰がどこに座るか」をわかりやすくするため、各テーブルに名前をつけるのが一般的です。
ナンバーでなくても「テーブルナンバー」と呼ぶことが多いです(笑)。
アルファベットや数字が多いですが、「松」「竹」「梅」などの縁起物や、おふたりが好きなものの名前にすることも。
過去にはご新郎さまがお好きな車種名にしたり、ガンダムのモビルスーツ名にした方もいらっしゃいます。
旅行好きな方なら、ふたりで訪れた都市名や航空会社のロゴといったモチーフも素敵です。
おふたりのアイデアで楽しい席次表にしましょう!